引越しのほろ苦い失敗談

 

3月末の引っ越し繁盛期のため、複数社見積もりを取った中で一番勉強をしてくれた。

 

当日は何件もの作業が立て込んでいるとのことで、台所梱包のサービスを前日夕方に行うことになっていたが、その時点で梱包できている他の荷物も運ばせてもらいたいとのことで、作業員の方が夜まで作業をこなしていった。

 

前日にある程度の算段ができていたため、当日もスムーズに午前中の作業で終了した。

 

ベテラン作業員の予定構成がしっかりしているので、時間等でこちらが困ることはなかったように思う。

 

また、日通の作業の方はマナーもよく、サービス精神もあるため、気持ちよく利用できる。

 

しかし、日通では3度引っ越しをしているが、毎回地元のエアコン業者の質があまりよくない。

 

マナーもよくないし(汚い靴下のままベッドに乗られたり、新人に罵声をとばしたり)技量に差がありエアコンが作動しなかったり、作業代金をこっそり請求したり…などのトラブルがあった。

 

また、寒冷地への引っ越しの際はエアコン取り付けがなかったにも関わらず、支払した分が返ってこなかった。

 

おそらく提携の地元業者との相互連絡があまりとれていないようなので、問題がある場合は日通側へきちんと対応を求める必要がある。

 

 

 

人口が多くて街に人が溢れているところには住みたくないので引越し先候補からは真っ先に外している。

 

行列などでのマナーがなく、自己中心的な感覚の人が多い風土の街。

 

具体的には大阪で、長く住んでいるが未だにこの街の感覚に馴染むことが出来ない。

 

運転もマナーなく感じられ、市内の運転は常に辛い。

 

常に慌ただしい感じがして、仕事も生活も苦しくなる。

 

おそらく、東京も同様に人の多さに馴染めないと思われる。

 

不便でも人の少ないところで自分のペースで過ごしたいので、都会には出来る限りの住みたくない。

 

近所との確執

 

引越し体験談

私は去年家を購入して住んでいますが、隣の家の人が私の家の前に車を止めていました。

 

最初は一時的かと思いあまり気にしていませんでしたが、毎日庭の柵にぴったりつけるような形で止めてあります。

 

毎週末庭のお手入れが趣味の私はちょうど止めてある場所に植物が植えてあり、枝を切ったりしたいのですが車が邪魔でできません。

 

かといって無理やり枝を切れば車を傷つけてしまう可能性がある為それもできません。

 

私の家の前とは言え、止めてある道路は私有地ではありませんので注意して良いべきか迷っています。

 

それに私達は引っ越してきて半年で、以前から住んでいた人達とはまだ付き合いはないのでそんな私達が言える立場なのだろうか、それを言った事で関係がこじれて近隣トラブルの原因にならないか心配でなかなか踏み出せずにいます。

 

 

棘がないように頼むコツとは?

 

まだ確実な結果は出ていませんが、主人はまず隣の家の方との関係を築き上げていく方が先ではないかと提案し、週末庭の手入れをする際に挨拶したりして顔を覚えてもらうようにして行き、そうすると相手方もそれに応えるように色々話をしてくれるようになりました。

 

どうやら私達の家の前に止まっている車は娘さんの車のようで以前は一人暮らしをしていたようなのですがここ最近は実家に戻られているようなのです。

 

とは言っても私達も庭の手入れもあるので毎日止められるのは困っています。

 

今後もう少し関係を深めて行き、直接文句言うのではなく失礼のないようにお互い気持ちよく無理のない程度に近隣トラブルを解消して行けたらなと思っています。

 

 

 

引越し体験談記事一覧

最初に、段ボールとテープをもらいました。棚板は、荷造りでがんばってはずしましたが、当日ちゃんと固定してもっていってくれることが判明、不要な時間をかけてしまいました。一軒家(5LDK+S)から3LDKへの引越でした。家財道具が全部持っていけないことは分かっていたので、引越までにたいぶ整理したつもりでしたが、当日出すほうは予定通り?だったのか、翌日の荷物入れの日、荷物の量と部屋の広さを見て、運びながら...